最新のシステムはテストが重要(引っ張ることで耐久性チェック)

金額の違い

ビル

引張試験を依頼する方法

構造物というものは、一定期間力がかかり続けると壊れてしまいます。どれくらいの期間、どれくらいの力が加わると壊れてしまうのかを測定する試験のひとつに引張試験というものがあります。引張試験は文字通り物質の引っ張る力にどれだけ耐えられるかを試験する方法です。この試験は、試験場や試験事業会社などで行う事が出来ます。料金はその企業によって違いますが1つの試験毎に数千円くらいかかります。ただし試験する構造物を固定する治具を造らなければいけない場合、治具製造費もかかってきます。治具製造も試験事業会社で請け負っている場合が多いです。引張試験を依頼する場合、まず試験場や試験事業者に申し込みをします。そのあと詳細な打ち合わせをして、試験という手準を踏みます。申し込みをする前に、どのような試験をしたいのかなどをしっかり決めておくことが大切です。

物質の強度を知ることはとても大切

引張試験では素材が引張られたり、圧縮される力に対してどれくらい持ちこたえる事が出来るのかを試験します。金属に限らずプラスチックやゴムなど様々な素材で試す事が出来ます。またあらゆる温度下での耐久性を知る事も可能です。もちろん低負荷から高負荷まで幅広い負荷に対する耐久性を試す事が出来ます。これを知ることで強度を測るだけではなく、造りやすい素材の種類などを知る事も出来ます。造りやすさが分かれば製造工程の短縮化にもつながります。試験場や試験事業会社では、決められた試験をするだけではなく、規格外の引張試験にも対応しています。また素材の開拓の段階から手がけている企業もあります。さらにメインの素材に限らず細かい部分の試験に対応しているところもあります。