最新のシステムはテストが重要(引っ張ることで耐久性チェック)

実験の種類

入力する

引張試験とはどのようなものか

引張試験とは金属やプラスチックなどの材料に対して行われる強度試験のことです。この試験には引張試験機やマイクロメータなどが使用されます。引張試験の方法は、試験を行う材料片を試験機にセットし引張荷重を加えていくというものです。使用される試験機は油圧によって力を加えるものと電動モーターによって加えるものがあります。油圧式の場合は数千トンといった大きい容量のものに対する実験に向いており建築材料や土木材料に対して使用されます。電動モーターやネジを使うタイプの試験機では容量は小さくなりますが一定の速度で負荷を与えることができさらに速度の設定範囲の広さがある点から強度の低い材料から高い材料まで試験することができます。

工夫と得られる結果について

引張試験を行うことで試験に使用した材料の機械的な性質を理解することができます。試験を行うことで試験に使用した材料の引張強度や降伏点などのほかにも弾性率や弾性限度や比例限度などが求められます。これらの情報は引張試験で得られたデータを使い応力とひずみをグラフにしたときにわかりやすくあらわされます。加える荷重の違いによって圧縮試験や曲げ試験やせん断試験など様々な種類があります。この試験を行う目的として、機械の部品として使用されるものや建築物の材料が長期間くわえられる力に対して耐えることができるかがわかります。そして、形を保って安全にその力を発揮させるにはどのような材料を使えばよいのかがわかるのです。